ページ最上部
ページ最下部

創業、新分野進出、後継者の方への事業承継をお考えの経営者のみなさまを、総合的に支援いたします。

株式会社BIZサポート
第二創業支援(新分野・新規事業)
新規事業や新分野への進出など、時代に合うように会社をリフォームします
日本の会社の数は、2009年から2012年までの3年間で、著しい減少傾向を見せています。
その原因として、社会全体の高齢化や大規模小売店の進出、労働者の所得の減少など、さまざまな理由が取りざたされていますが、見かたを変えれば、時代に適合できない企業が淘汰されている、と考えることもできます。
このような中で企業として生き残るためには、今まで蓄積した、「のれん」や経験・知識・人脈を最大限に活用して、新分野へ進出したり新規事業を起こしたりすることが必要です(第二創業)。
次の3段階で支援させていただきます
1
現状分析
蓄積した資産・経験・人脈等の洗い出し
  • 貸借対照表及び簿外資産より調査(資産・負債・のれん)
  • 3期分の決算申告書より企業の「強み」の発掘
  • 会社と個人資産の洗い出し(資産と負債の棚卸)
  • 今後1年~1年6ケ月の資金繰り予定表の作成
2
策定・調査
経営戦略の策定及び事業化調査(新分野進出)
  • ビジョン及び目的の設定
  • 外部環境及び内部環境調査
  • 事業化調査
  • 目標達成のための問題点抽出
  • 解決策に対する実現手段の検討
  • ビジネスモデルの検証
3
事業計画書
事業計画書の作成と実施(資金繰りを含む)
  • 事業計画書の作成(3年間)
  • 資金繰り表の作成(短期・中期)
  • 事業計画書に対する予実対比による修正行動支援
  • 補助金及び助成金の利用支援
第二創業に向けてアドバイス
  • 自社の現状分析を行い、自社の強みを再発見する。
  • 時代の変化を読み、リスクをコントロールし思い切って変化してみる。
  • 自社のコア部分を利用し、「水平」または「垂直」展開を図る。
  • コア部分以外は、捨てる勇気を持つ。
  • 小規模企業だからできる戦略をとる。
  • 変化のタイミングは多くはない。少しでも余裕のある時期に実行すべし。
  • 好き嫌いを問わずITツール(WEB・SNS・クラウド等)を駆使すること。
  • 「連携」「提携」「外注」をバランスよく利用する。
当社サービスの利用例
経営コンサルティング
既存事業からの「業種転換」「新分野進出」「新規事業」の立ち上げを最速で支援します。
※はじめに2時間程度のコンサルティング(無料)させていただきお見積書を作成いたします。
事業計画書の作成支援
新規事業を始めるには会社の内外に対して新しい方向を示すための事業計画書の作成が必須となります。経営者様のご意向を伺いながら支援させていただきます。
※はじめに2時間程度のインタビュー(無料)をさせていただき、要望内容に応じてお見積書を作成いたします。
資金繰り対策
新規事業には設備資金と運転資金が必要です。民間金融機関及び政府系金融機関から最適の融資商品を選択して資金調達を支援します。
※はじめに1時間程度のインタビュー(無料)をさせていただき、要望内容に応じてお見積書を作成いたします。
IT導入支援・事務代行
新規事業のパターンには、既存のお客様に新商品を販売するケースや既存の商品を新しいルートで顧客に販売するケースが王道です。最適な方法はITを利用した商品紹介やWEBを使った販売です。
※はじめに2時間程度のインタビュー(無料)をさせていただき、要望内容に応じてお見積書を作成いたします。
マイナンバー導入支援
マイナンバー制度における企業への負担を外部委託することで、事務コストの削減及びリスクコントロールとの双方が実現可能となります。
※はじめに1時間程度のインタビュー(無料)をさせていただき、要望内容に応じてお見積書を作成いたします。
お問い合わせ・ご相談